あほまろとモモちゃんの今朝の浅草日記
a
back

平成22年5月5日(水)
- こどもの日 -

日記写真

 さて、ゴールデンウィークも今日でひとまず終わりだと思っていたら、昨夜北海道から帰って来たばかりの息子が、今度は台湾に行ってくると、またまた出かけてしまいました。それもそのはず、9日まで連休が続いているんだって。いくら大手といえ、社員に長い休みを与えても会社がやっていける、元経営者のあほまろ、そっちの方が気になってしまうんだよ・・・。

 今日は「子どもの日」です。「子どもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」と、昭和23(1948)年に定められた国民の祝日です。我が家の子どもたちが、子どもの頃から、ちゃんと人格を重んじて育ててきたのに、大人になってからは、親に感謝する気持ちなんてみじんも無く、ただただ自分の人格だけを重んじて暮らしている、そんな現実って寂しいよね。たまには、親も連れて行けよ・・・。とはいっても、我が家には犬が居るし・・・。
写真00
 毎朝、散歩でお逢いしているココアちゃんのご両親、今日はこれから、息子が初任給で温泉に招待してくれると喜んでいましたよ。ワンちゃんはどうするの。水上温泉には、ペット連れ可の旅館を予約してくれたので、ワンちゃんたちも一緒に行けるんだって。ヤボなことを聞いてしまったんだよね。お風呂だって、ワンちゃんと一緒に入れるし、夜もベッドで一緒に寝れるんだよ。
 
 そんな素晴らしい宿が有るのなら、あほまろにだってナナちゃんを連れて行けないことは無いんだけど・・・、乗用車を手放してしまったので、そこまでの足も無いんだよね。息子は乗用車を持っているんだけど、いつも居ないし・・・。ココアちゃんのご両親、良い息子に育てたってことの方が、ペット連れの温泉よりも羨ましいかも。あほまろ家の子育て、甘やかせ過ぎだったのかな・・・。

 甘やかせも過ぎれば過ぎるほどの良い例が、ルーピー(おろかもの)呼ばわれされる鳩山首相でしょうね。彼は、子どものころから、手に入れたいものは何でも手に入り、やりたいことは何でもできたんだよ。大人になってからも、気に入った女性が居ると、たとえ人妻であろうと、ママに言えば何とかしてくれたんだよね。おまけに還暦を過ぎても、毎月のママからのお小遣いが1500万円。それさえも、金で手に入れた権力で、脱税にはならずに簡単な修正で済ませてしまったんだよね・・・。

 いつも化って勝手な行動ばかりする我が息子ですが、自分で稼いだお金で連休をエンジョイしているんだから、文句もいえないし。
写真00
 藏前神社に、ゆかりの古典落語「元犬」像が建立されます。ナナちゃんがモデルとなって、東京芸大の北郷悟副学長さんが手がけ制作されています。
写真00
 昨日は、とりあえず粘土の全体像が出来上がったとのことで、芸大の北郷先生の研究室に行ってみました。
写真00
 細かい部分はこれからですが、雰囲気はナナちゃんうり二つではありますが、尻尾はもっと細く、耳ももっと小さい、等々、飼い主としての注文を付けてしまいました。
写真00
 粘土の型は今週中に完成し、その後、富山県富岡市の鋳物工場でブロンズ像として鋳造されるのです。

 蔵前神社にて「元犬」像の披露は、6月5日を予定しております。完成したら、愛犬家たちの聖地になるかもね。
写真00
Memo
Olimpus E-P2
Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6


back