あほまろとモモちゃんの今朝の浅草日記
a
back

平成22年10月22日(金)
- 松茸そば -

日記写真

 日増しに寒くなってきましたね。すっかり毛が抜けてしまったナナちゃん、今朝は表に出た瞬間に、くしゃみをしたのです。いくら北海道犬であっても、都会に慣れてしまった身体に、寒さが堪えるようですね。
写真00
 あほまろが浅草の越して来たのは、平成11年11月11日、そろそろ満11年になってしまうんですね。ヨークシャテリアのハニーちゃんと柴犬のモモちゃん、そして、まだ1才になっていなかったポメラニアンのポーちゃんの三匹も一緒に引っ越して来たのです。翌年にもう一匹ポメラニアンのタマちゃんも仲間入りをし、4匹の犬たちと仲良く暮らしていました。

 そして4年前にナナちゃんがやって来て、一時は犬5匹で暮らしていたのですよ。それが、三年前にハニーちゃん、二年前にモモちゃんが他界し、ナナちゃんとポーちゃんの二匹だけとなり、ようやく静かに暮らせるようになったと思った矢先に、今年の8月にヤマト君。女房が衝動買いで連れて来たんだよね。これがまた生意気で、先住の二匹よりも偉そうに勝手気ままに自由を謳歌していたのです。

 ところが、ヒロちゃんが仲間入りをして、ヤマト君の安泰も一転してしまったのです。ヤマト君にとって、犬は恐い存在ではなかったのですが、やはり同じ種族の先輩がやって来たことで、自分の縄張りを犯されてしまった心境はいかばかりだろうかと、ちょっと同情したくなるような。

 今朝、ヤマト君お気に入りの茶箪笥の上をヒロちゃんに盗られ、恐る恐る近寄り、ヒロちゃんに猫パンチ。それに怒ったヒロちゃん、フゥ〜!と、威嚇しただけで、茶箪笥の上から飛び降りてしまったのですよ。可愛そうだけど、これも猫族の掟なのかな。こんな状態を繰り返しながら、そのうちにヤマト君もヒロちゃんに従うようになってくれると良いのですがね・・・。

 そんな状況が、現在のあほまろ悩みの種。はてさて、これから我が家の犬2匹、猫2匹の協同生活。いったいどうなって行くのでしょうね・・・。
写真00
 あほまろの秘密基地の向かいに、永井荷風が好んだことで同じみのお蕎麦屋さん、いつも観光客で列を成しているお店なので、あほあまろは、ほとんど入ったことが無いお店でしたが、昨日、お店の玄関が明け放れ、中を伺うと、珍しくお客の姿が見えないようです。実は、この時期になるとウインドウに飾られる「松茸そば」、数年前から気になっていたのですが、まだ味わったことが無かったのです。

 昨日、勇気を出してお蕎麦屋さんに飛び込み、「松茸そば」を味わってきましたよ。

 今年は、松茸が豊作だとはいえ、お値段は1500円。蕎麦が見えないほどたっぷり贅沢に盛られた松茸を避けながら、中の蕎麦を手繰り、ほんのりと秋の香りが染み込んだお蕎麦も結構、そして、しっかり主張を保った松茸にひとかけら、あぁ、日本の秋だね・・・。

 土瓶蒸しや松茸ご飯や焼き物も美味しいけど、これは格別でしたよ。また、食べてみたくなってしまった味なんだけど、お蕎麦の量が少なめで、お値段が1500円とは・・・。
写真00

back
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 台東区情報へ
ここ、↑ポチッと押してね。